人身事故と物損事故

ますます便利になりつつある私たちの生活において、自動車を有効活用する割合はかなり高くなっていることでしょう。通勤はもちろん、買い物やレジャーなど、会社で使用する営業や移動で公共交通機関を使わずに移動する手段として最適です。しかし、自動車を運転する以上は必ず事故というものがつきものになっていきます。自動車は大きな鉄の塊でできており、スピードを出して衝突しようものなら大事故につながります。一歩間違えればとてつもない被害が発生する可能性があり、場合によっては人の命に関わってきます。私たちは交通事故と隣り合わせも生活をしているものです。

では、交通事故にはどのようなものがあるでしょうか。基本的に交通事故は大きく分けて2通りの事故があります。それは物損事故と人身事故です。簡単にいうと、物損事故は文字通り、物が損傷した事故のことをいい、人身事故は人が死傷した場合のことを指します。物損事故には主に、車相手の修理不可の全損や修理可能な破損があり、物に対しての賠償責任が生じます。逆に人身事故は人に対しての責任を生じることであり、損害賠償に関しては物損事故よりもかなり高額な賠償責任が生じてしまいます。

このサイトでは物損事故と人身事故の違いを説明していきます。事故を起こしたことがない場合には、なかなか知識として身に付かないことがたくさんあることでしょう。意外と知られていないことがあるかもしれません。物損でも人身でも事故を起こしてしまうとパニックになりがちです。いざという時のためにも知っておいて当然ということをご紹介していきます。