物損事故の特徴

まず物損事故からご紹介していきます。物損事故の大きな特徴として、自賠責保険が適用されないことがいえます。自賠責保険は強制保険ですので、加入していないと車検も通りません。これは被害者救済のために必要なことといえますが、物損事故に関しては加害者が任意保険に加入していないと十分な補償を受けることが困難となります。任意保険に未加入のドライバーには直接請求するしかありませんが、基本的に任意保険に加入していない段階では損害賠償金を支払う経済力というのは期待できません。

では、損害賠償の請求を加害者だけ留めず、車両所有者などの運行供用者までに拡大した運行供用者責任を問えるでしょうか。残念ながら物損事故では利用できません。事故を起こしておきながらも、加害者側への慰謝料の請求も、基本的には物損事故では認められていません。物損事故では加害者側に行政処分が下ることもありませんので、運転免許証では無事故扱いになります。被害者側からすれば納得できることではありませんが、人身事故にしてしまうと手続きがかなり面倒になります。警察も少々のケガなら「大丈夫ですね」と念を押してくることがあります。人身事故にしてしまうと何かと面倒になるからです。警察は物損事故にすると、民事不介入の立場をとってしまうので、後に加害者に理不尽な対応をされても泣き寝入りするのは被害者となってしまうので注意が必要です。