人身事故の3つの責任

それでは、人身事故で科せられる3つの義務について少し掘り下げてご説明します。1つ目は刑罰が下される刑事処分ですが、人を死亡させることはもちろん、ケガを負わせてしまうと危険運転致死傷罪や過失運転致死傷罪が適用されるケースがあります。アルコールを摂取して運転すると酒気帯び運転や酒酔い運転と、ひき逃げなど被害者を救助することなくその場を逃げ去る緊急措置義務違反には当然ながら重い刑罰が科されます。物損事故には適用されません。

2つ目は行政処分です。交通事故に多いのはわき見運転、スピード違反、信号無視などがあり、交通違反をした場合には切符が切られますが、違反点数は1点から3点と軽微なものです。しかしながら、人身事故を起こすと安全運転義務違反が2点科されますので、他の交通違反をすでに犯している場合や今回の事故で加算される場合は、免停になり得る可能性があるので、注意が必要です。これも物損事故には適用されません。

3つ目は民事処分です。損害賠償や被害者への慰謝料を支払う義務があります。物損事故では相手の車や家屋などの物に対しての損害賠償を負う責務がありますが、人身事故では人に対しての損害賠償となるので、ケガの程度によりますが、物損事故よりもはるかに高額になります。