人身事故の3つの責任

それでは、人身事故で科せられる3つの義務について少し掘り下げてご説明します。1つ目は刑罰が下される刑事処分ですが、人を死亡させることはもちろん、ケガを負わせてしまうと危険運転致死傷罪や過失運転致死傷罪が適用されるケースがあります。アルコールを摂取して運転すると酒気帯び運転や酒酔い運転と、ひき逃げなど被害者を救助することなくその場を逃げ去る緊急措置義務違反には当然ながら重い刑罰が科されます。物損事故には適用されません。

2つ目は行政処分です。交通事故に多いのはわき見運転、スピード違反、信号無視などがあり、交通違反をした場合には切符が切られますが、違反点数は1点から3点と軽微なものです。しかしながら、人身事故を起こすと安全運転義務違反が2点科されますので、他の交通違反をすでに犯している場合や今回の事故で加算される場合は、免停になり得る可能性があるので、注意が必要です。これも物損事故には適用されません。

3つ目は民事処分です。損害賠償や被害者への慰謝料を支払う義務があります。物損事故では相手の車や家屋などの物に対しての損害賠償を負う責務がありますが、人身事故では人に対しての損害賠償となるので、ケガの程度によりますが、物損事故よりもはるかに高額になります。

人身事故の特徴

次に人身事故をみていきましょう。先に述べたように、人身事故は相手を死傷させてしまったケースのことをいいます。よって、人身事故は被害者・加害者ともに肉体的や精神的な疲弊感が半端なくのしかかってきます。もちろん軽傷で済む場合もありますが、ニュースなどでは重傷や死亡につながるケースも報道されています。命は助かっても重度の障害や後遺症が残る場合もあるかもしれません。人身事故は人の生死に関わることなので、物損事故よりも賠償責任が重くなり、金額も高額になってしまいます。それでは人身事故にはどのような責任がかかるのでしょうか。

人身事故を起こしてしまったら、加害者側は3つの責任を負う義務があります。「刑事処分「行政処分」「民事処分」の3つです。刑事処分とは懲役や禁固刑、罰金刑に処されます。行政処分は免停やめ免許取り消しなどが行われます。民事処分は被害者に対する損害補償のことをいいます。また、物損事故と違い、被害者救済による自賠責保険を利用することができ、交通事故の慰謝料請求も可能となります。

特に人身事故を起こすと被害者側へは絶対にお見舞いに行かなければなりません。これは保険会社からも促されるでしょうが、誠心誠意の謝罪をすることはドライバーとしての鉄則といえます。

物損事故の特徴

まず物損事故からご紹介していきます。物損事故の大きな特徴として、自賠責保険が適用されないことがいえます。自賠責保険は強制保険ですので、加入していないと車検も通りません。これは被害者救済のために必要なことといえますが、物損事故に関しては加害者が任意保険に加入していないと十分な補償を受けることが困難となります。任意保険に未加入のドライバーには直接請求するしかありませんが、基本的に任意保険に加入していない段階では損害賠償金を支払う経済力というのは期待できません。

では、損害賠償の請求を加害者だけ留めず、車両所有者などの運行供用者までに拡大した運行供用者責任を問えるでしょうか。残念ながら物損事故では利用できません。事故を起こしておきながらも、加害者側への慰謝料の請求も、基本的には物損事故では認められていません。物損事故では加害者側に行政処分が下ることもありませんので、運転免許証では無事故扱いになります。被害者側からすれば納得できることではありませんが、人身事故にしてしまうと手続きがかなり面倒になります。警察も少々のケガなら「大丈夫ですね」と念を押してくることがあります。人身事故にしてしまうと何かと面倒になるからです。警察は物損事故にすると、民事不介入の立場をとってしまうので、後に加害者に理不尽な対応をされても泣き寝入りするのは被害者となってしまうので注意が必要です。

人身事故と物損事故

ますます便利になりつつある私たちの生活において、自動車を有効活用する割合はかなり高くなっていることでしょう。通勤はもちろん、買い物やレジャーなど、会社で使用する営業や移動で公共交通機関を使わずに移動する手段として最適です。しかし、自動車を運転する以上は必ず事故というものがつきものになっていきます。自動車は大きな鉄の塊でできており、スピードを出して衝突しようものなら大事故につながります。一歩間違えればとてつもない被害が発生する可能性があり、場合によっては人の命に関わってきます。私たちは交通事故と隣り合わせも生活をしているものです。

では、交通事故にはどのようなものがあるでしょうか。基本的に交通事故は大きく分けて2通りの事故があります。それは物損事故と人身事故です。簡単にいうと、物損事故は文字通り、物が損傷した事故のことをいい、人身事故は人が死傷した場合のことを指します。物損事故には主に、車相手の修理不可の全損や修理可能な破損があり、物に対しての賠償責任が生じます。逆に人身事故は人に対しての責任を生じることであり、損害賠償に関しては物損事故よりもかなり高額な賠償責任が生じてしまいます。

このサイトでは物損事故と人身事故の違いを説明していきます。事故を起こしたことがない場合には、なかなか知識として身に付かないことがたくさんあることでしょう。意外と知られていないことがあるかもしれません。物損でも人身でも事故を起こしてしまうとパニックになりがちです。いざという時のためにも知っておいて当然ということをご紹介していきます。